掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2005
平成17年6月9日
大連理工大学との産学連携に関する基本合意について
大連理工大学
三菱化学株式会社
 大連理工大学(所在地 遼寧省大連市甘井子区 学長 程 耿東 以下, 「大連理工大」という。)と、三菱化学株式会社(本社 東京都港区、取締役社長 冨澤 龍一 以下、「三菱化学」という。)は、このたび有機合成分野、触媒・無機化学分野及び化学プロセス分野における実用化に係る技術開発を主目的とした産学連携の推進について本日(6月9日)基本合意いたしました。これにより日本の総合化学企業と中国の大学が本格的に産学連携を実現することとなります。
 具体的には、三菱化学グループの実用化を目指す研究プロジェクトのなかで、石油化学分野での新しい触媒やプロセスの開発、電子デバイス等の機能性材料のキーとなる有機・無機材料設計・開発等について、本年6月から当面3年間の予定で両者が提携し、研究開発を推進します。詳細については、これから検討してまいります。
 今回の連携は、これまでの産学連携の主流であった大学側にあるシーズと企業側のニーズをマッチングさせるという枠組みとは異なり、実用化を目的としているテーマの中で大連理工大の知識・スキルを活用し、研究開発を促進・加速することを意図しています。
 大連理工大は、1949年4月に創立した、中国における理工系大学の中でも有力な大学で、1960年には、中国全土の大学のうち26校のみ認可される中国教育部直轄全国重点大学として、また2004年には中央政府副部クラス大学として認可されています。特に本連携の中心となる化工学院は、最大の8学部を有し、有機合成化学ならびに有機合成プロセス化学分野では中国の唯一「精密化工国家実験室(State Key Laboratory of Fine Chemicals)」を有し、特に優れた実績をあげるとともに、中国の化学産業界に多くの人材を輩出しております。 また、大連理工大は、日本とは地理的に近く、日本語学習も盛んであるだけでなく、三菱化学とはいくつかの個別テーマで連携を取ってきたことから今般の包括的連携においても、大きな成果を挙げることが期待されています。

 三菱化学は、今後中国を成長市場と捉え、積極的な事業展開を行ってまいりますが、あわせて中国の技術者との交流も深めながら、研究開発の充実を図ってまいります。また、今回の提携を契機に、三菱化学グループにおける海外での研究開発の強化をさらに進めてまいります。
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730
back to top