掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2005
平成17年1月27日
高輝度白色LEDの実現に向けた蛍光体とGaN基板への本格進出について
三菱化学株式会社
三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤龍一)は、従来に比べより自然光に近い白色光を実現する高輝度白色LED用蛍光体(以下「白色LED用蛍光体」という。)の量産に向けた開発に世界で初めて成功しました。また、GaN(窒化ガリウム)基板は、青色レーザーダイオード(青色LD)や青色発光ダイオード(青色LED)に使用されますが、当社は、従来実現できなかった、世界でも類を見ない均質な結晶で結晶欠陥の少ないGaN基板の開発に成功しました。平成17年4月より白色LED用蛍光体とGaN基板の本格生産を当社筑波事業所(所在地:茨城県牛久市)で開始します。

白色LEDは、青色LEDから発光した青色光の一部を蛍光体で黄色光に変換して疑似白色光とするタイプのものが主流であり、携帯電話のバックライトや電光表示板などに使用されていますが、より平均演色評価数が高い(より自然光に近い)白色LEDの開発要請が高まっておりました。三菱化学は、青色LEDから発光した青色光を赤色光に変換する蛍光体と緑色光に変換する蛍光体の開発に成功し、これらの蛍光体を用いて擬似白色ではない自然光に近い白色光を実現することが可能になりました。

GaN基板は、次世代光ディスクピックアップ用青色LDのキーマテリアルとして注目を浴びています。三菱化学では、各種表示ディスプレイなどに使用される赤系LED等のオプトデバイス向けGaAs(ガリウムヒ素)基板を1971年から製造しており、その過程で培った技術の知見を生かし、GaN基板の開発に積極的に取り組んでまいりました。従来の方法では、GaN結晶の均質化が困難でありましたが、今般、独自のH−VPE(気相成長)技術と基板加工技術により、均質で結晶欠陥の少ないGaN基板の開発に成功しました。これにより、青色LDの性能向上及びコストダウンを図ることができ、また、今後高輝度白色LED用の青色LEDに使用される事が期待されます。

白色LEDは、明るさを向上させることにより、照明分野・大型液晶モニターのバックライト用光源・車載用ランプ等に使用され、将来需要が急激に伸びることが予想されているため、当社は、
(1) 高輝度白色LED用蛍光体の変換効率を更に向上し、より高い輝度の達成を目指した研究開発を深化させてまいります。
(2) GaN基板については、青色LD用のみならず青色LED用基板としての展開を図るために、更なる品質の向上とコストダウンを目指してまいります。

今後当社は、以上の研究開発を推進することにより、高輝度白色LED材料の世界No.1サプライヤーとなるべく事業を強化してまいります。
以 上 

(参考資料)   別添1「三菱化学のターゲットとする白色LED向け部材」
別添2「GaN基板 写真」
別添3「三菱化学のGaN結晶の均質性」

[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学株式会社 広報・IR室
TEL 03-6414-3730
back to top
参考資料1

back to top
参考資料2

back to top
参考資料1
back to top