掲載されているニュースについてのお問い合わせ先
三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室 電話:03-6748-7140

ニュースリリース
過去のリリース
ダウンロード
ニュースリリース
ニュースリリース 2002
平成14年2月26日
DVD+R規格準拠 2.4倍速記録対応データ用 DVD+Rディスク新発売
三菱化学メディア株式会社
三菱化学株式会社
 三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:小林喜光)は、DVD+R規格に準拠したデータ用DVD+Rディスクを、本年3月中旬より発売いたします。

 現在、高画質、高音質のデジタル映像など大容量データを取扱う機会が増えるともに、パソコン環境においても簡単にDVDディスクの作成ができるようになり、映像を見て楽しむだけでなく、個人で記録、編集をして楽しむ時代へ移り変わろうとしています。また、映像の記録のほかに、大容量データのバックアップとしてのニーズも高いことから、今後様々な用途への拡大が予想され、記録型DVDはますます需要が増えるものと期待されます。

 当社は、このようなニーズにお応えするため、「DVD+RWアライアンス」*1メンバーとともに、DVD-ROMドライブやDVDプレーヤーとの互換性を重視した書換型DVD規格「DVD+RW」を策定し、昨年、DVD+RWディスクを発売致しました。今回発売するDVD+Rディスクは、互換性の高さなどDVD+RWのフォーマットを踏襲した、追記型のDVDディスクです。

 DVD+Rディスクは、ロスレスリンキング技術*2の採用により追記後の高い再生互換性を実現し、既存のDVD−ROMドライブやDVDプレーヤーで再生が可能です*3。また、当社独自開発のアゾ系有機色素「スーパーアゾ」を記録層に採用し、余裕のパワーマージンにより追記及び書換型DVD規格最速の2.4倍速記録を実現するとともに、CD−Rで実証された高耐久性、高耐光性を保持し、大切なデータの長期安定保存が可能です。

 DVD+Rディスクの特長等は、下記のとおりです。


1.DVD+Rディスクの特長
(1) ロスレスリンキング技術採用により、追記後の高い互換性を実現
(2) 独自開発のアゾ系有機色素「スーパーアゾ」を記録層に採用し、記録安定性を確保
(3) 追記及び書換型DVD規格最速の2.4倍速記録に対応
(4) レーベルデザインが美しいチタングレーのカラーディスク採用

2. 発売日 : 2002年 3月 中旬予定
   
3. 品 名 : データ用DVD+Rディスク

 品番:DPR47U1 (4.7GB 1枚パック)  オープンプライス

* 1 DVD+RWアライアンスメンバー
ソニー株式会社、米デルコンピュータ社、仏トムソン・マルティメディア社、米ヒューレット・パッカード社、蘭フィリップス社、ヤマハ株式会社、株式会社リコー、三菱化学株式会社の8社。
* 2 ロスレスリンキング技術
DVD−ROMディスクやDVD−Videoディスクでは、データが隙間なく連続して記録されていますので、追記型や書換型のDVDにおいてもデータが同様に連続して記録されなければDVD−ROMドライブやDVD−Videoプレーヤーで再生できなくなってしまいます。ロスレスリンキングは、データを追記又は書換する際の、前のデータとのつなぎ目を1ミクロン以下とする技術であり、これにより既存ドライブ又はプレーヤーによる再生が可能となります。
* 3 一部のDVD−ROMドライブやDVD−Videoプレーヤーでは再生できない場合があります。
以 上 
[本件に関するお問い合わせ先]
三菱化学メディア株式会社
セールスプロモート室 セールスプロモーショングループ

TEL 03-5484-3928 FAX 03-5484-3958
三菱化学株式会社 広報室
TEL 03-3283-6274
[読者など一般の方からのお問い合わせ先]
フリーダイヤル 0120-34-4160
back to top