三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、グループ会社であるMitsubishi Polyester Film GmbH(所在地:ドイツ・ヴィスバーデン、社長:Thomas Hehl、以下「MFE」)において、ポリエステルフィルムの生産能力増強を行うことを決定いたしました。投資額は約110百万ユーロで、2024年末の完成を予定しており、当社グループにとっては、2018年稼働の米国・サウスカロライナ州、建設中(2022年稼働予定)のインドネシア・ジャカルタに続く増産投資にあたります。


MFEは、工業用途やラベル用途などの高機能ポリエステルフィルムを顧客の要求に合わせてカスタマイズする技術開発力に強みを持ち、欧州市場において高いシェアを有しています。近年、世界全体のポリエステルフィルムの市場成長率は5%程度で推移しており、MFEでは、顧客の旺盛な需要を満たすべく当社グループ他拠点からの調達や既存設備の効率的な運用等で対応してきました。

当社は今般、今後も堅調な需要拡大が見込まれると判断し、高機能ポリエステルフィルムとしては世界最大規模となる27,000t/年の製造ラインをMFEに新設することを決定いたしました。


新設する設備は、最新の省エネ設備を導入することなどにより、生産能力を拡大する一方で、工場全体としてのCO2排出量削減を目指します。また、顧客や消費者から回収した使用済みのポリエステルフィルムを原料として再利用することが可能な装置も導入することで、循環型経済(サーキュラーエコノミー)実現に向けた取り組みを加速します。


当社は、日本、中国、インドネシア、米国、ドイツの5拠点でポリエステルフィルムを製造し、ディスプレイ向けを中心とした光学用途、電子部品・自動車・医療などの工業用途、食品等の包装材料用途向けなどに供給しております。今後も、用途毎の需要に応じて生産体制を拡充し、高機能ポリエステルフィルムのリーディングカンパニーとして積極的な事業展開を図るとともに、SDGsの達成やサーキュラーエコノミーの実現に貢献してまいります。


【MFEの概要】

所在地 :Kasteler Strasse 45, Wiesbaden, Germany

設立  :1991年

業務内容:ポリエステルフィルムの製造・販売

【新設備の概要】

生産能力:27,000t/年

投資額 :約110百万ユーロ

完成時期:2024年末


以上

MFE外観
本件に関するお問い合わせ先
三菱ケミカル(株) 広報本部
  • TEL:03-6748-7161

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。