三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、鉄鋼業界の構造変化に伴い、当社の香川事業所(所在地:香川県坂出市)における高炉向けコークス事業について、最適な生産および販売体制に向けて以下の構造改革を実施いたします。

 

1.競争力優位な生産体制への集約

 内容:現在、香川事業所で有するコークス炉323門を250門に縮小し、最適な運転体制に移行することで競争力強化を図ります。

    時期:20213月末までに順次停止予定

 

2.輸出販売拡大のための出荷設備増強

内容:輸出販売体制強化のため、現在1ラインのみの輸出出荷設備を2ラインへと増強します。

時期:20223月末稼働予定

 

当社のコークスは、その品質の均一性・安定性の高さから『SAKAIDE COKE』として海外の顧客からも高く評価されています。当社は今後とも、高品質なコークスの安定供給に努めるとともに、今回の構造改革により、事業のグローバル展開を推進することで競争力を強化してまいります。


以上


本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。