三菱ケミカル株式会社

 三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、半導体関連事業の強化を目的に、本年4月1日付にて情電・ディスプレイ部門に半導体本部を設置し、関連する事業を集約することといたしましたので、お知らせいたします。同時に、グローバルなバーチャル組織として「MC Chemical Solution for Semiconductor」を立ち上げ、「MCSS」の統一ブランドのもと海外の現地法人含め既存の組織・会社の枠にとらわれないスピーディな事業運営を行います。


昨今のAI、IoT導入の広がり、自動車産業におけるCASEの潮流等に伴い、半導体市場は大きく成長を遂げており、今後も高機能化が進みつつ一層伸長することが見込まれています。当社はこれまで、情電・ディスプレイ部門内の各事業部や高機能化学部門において、半導体製造に関連する製品やサービス等の事業を行ってきましたが、これを新設する半導体本部に移管・集約し、一体的に運営することで、事業基盤の強化とともに業界内での存在感の向上を図ります。


また、同本部内の各事業部や所管する関係会社の枠にとらわれず、グローバルに「MCSS」の統一ブランドを用いて事業を展開することで、世界各国・地域の顧客に対して、半導体関連のソリューションをワンストップで提供する体制を立ち上げます。

当社は、今後も、三菱ケミカルホールディングスグループの中期経営計画「APTSIS 20」のもと、フォーカスマーケットの一つである「IT・エレクトロニクス・ディスプレイ」において、半導体関連事業の拡大を図って参ります。


以上

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。