三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之、以下「当社」)は、100%子会社のPT. MC PET Film Indonesia (所在地:インドネシアジャカルタ、社長:BAMBANG H.SASTROSATOMO、以下「MFI」)において、ポリエステルフィルムの生産能力増強を行うことを決定いたしました。投資額は約130百万USドルで、2021年末の完成を予定しています。

ポリエステルフィルムの市場は、従来からの当社主用途であるディスプレイ等に使用される光学用途分野が今後とも成長を継続することが予想されることに加え、自動車の電子化、5G対応のための基地局増加や通信機器の高度化などを背景とした積層セラミックコンデンサ(MLCC)を始めとする電子部品の急増に伴い、それらの製造工程向けの需要の成長も著しいものがあります。MFIではこうした市場の旺盛な需要を満たすべくこれまでも既存プラントの効率的な運用等で対応してきましたが、今後さらなる需要拡大が予測されることから、今般、既存設備に加え、25,000t/年規模の製造ラインを新設することを決定いたしました。

当社は、日本、中国、インドネシア、米国、ドイツの5拠点で光学用途、工業用途や包装材料用途向けポリエステルフィルムを製造しております。現在欧州で主に工業用途向けポリエステルフィルムの需要が大きくなっており、生産体制の拡充を検討しています。その他の地域についても、用途毎の需要に応じて生産体制を拡充し、ポリエステルフィルムのリーディングカンパニーとして積極的な事業展開を図ってまいります。

【PT. MC PET Film Indonesiaの概要】
1. 社名: PT. MC PET Film Indonesia
2. 所在地: Gedung Setiabudi Atrium, Suite 710 JI. H.R. Rasuna Said, Kuningan, Jakarta 12920, Indonesia
3. 代表者: BAMBANG H.SASTROSATOMO
4. 設立: 1995年
5. 業務内容:ポリエステルフィルムの製造・販売

以 上


本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。