三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区 社長:和賀昌之、以下「当社」)は、四日市事業所(三重県四日市市)において、リチウムイオン二次電池向け電解液の生産能力※を、現在の11,000トン/年から16,000トン/年に増強することを決定いたしました。

国内外において、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)、ハイブリッド自動車(HEV)の市場は急速に拡大しています。日本国内ではすでに乗用車の総販売台数の約25%が電動化されており、今後も着実に電動化が進むと見込まれています。

当社のリチウムイオン電池向け電解液は、低温環境下でも高い出力性を保ち、添加剤の技術によって電極での副反応を抑えることにより、耐久性に優れ安全性も高いことから、日、米、欧を中心とする市場の車載用電池向けに多くの採用を頂いております。

この度、旺盛な需要に対応するため、製造ラインのデボトルネッキングや製品出荷・輸送の効率化製品検査工程におけるデジタル化投資等により、5,000トンの能力増強を実施します。またこれらの投資により、安全・品質管理レベルのさらなる向上を図ります。

当社は、今後も旺盛な需要に応じるべく、グローバルに生産販売体制を強化し、車載用リチウムイオン二次電池向け電解液のリーディングカンパニーとして邁進してまいります。

以上

※ リチウム一次電池向け、電解コンデンサー向け電解液の生産能力を除いた数値。

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。