三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、Welset Plast Extrusions Pvt. Ltd (本社:インド・ムンバイ市、社長:Arvind M. Mehta、以下「Welset社」) との間で、同社の塩ビ(PVC)コンパウンド事業を買収することで合意しました。

Welset社は、インド及びその他の地域において、マスターバッチ(PVCマスターバッチ含む)事業及びPVCコンパウンド事業を展開しています。当社は、そのうちPVCコンパウンド事業を買収することで同社と合意し、本年秋を目処に引渡しを受ける予定です。

Welset社のPVCコンパウンド業は、特にメディカル分野においてはインド国内で最大のシェアを持つなど、インド・ASEAN市場において確固たる基盤を有しています。一方、当社は、現在、インドにてオレフィン系熱可塑性エラストマーを製造・販売し、エアバッグ用途を中心とした自動車分野に事業を展開しています。

この度の買収により、当社は、メディカル用PVCコンパウンド事業に新たに参入することになります。インドやASEAN地域における同分野への事業展開を推進することはもちろんのこと、当社が展開する既存のPVCコンパウンド事業の拡大も加速させてまいります。

当社は、今後も更なる用途拡大と成長市場への事業展開を加速させることで、機能性樹脂事業の事業拡大を図ってまいります。


【買収するPVCコンパウンド事業の概要】

1. 対象事業: Welset社のPVCコンパウンド事業
2. 主な用途: メディカル用途、電線被覆用途等
3. 所 在 地: インド共和国ムンバイ(オフィス)、スィルヴァーサー(工場)
4. 社員数 約:100名(2018年6月1日現在)

以上

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。