三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之、以下「当社」)は、連結子会社である日本合成化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:木村勝美、以下「日本合成化学」)を、2019年4月を目処に合併する前提で、詳細な検討に入ることとしましたのでお知らせします。

日本合成化学は、PVOH「ゴーセノール」、液晶表示用PVOHフィルム「OPLフィルム」、EVOH「ソアノール」などの合成樹脂製品を中心に事業を展開しています。

当社は、2016年11月に日本合成化学を完全子会社化(間接保有含む)しておりますが、既存事業の収益を拡大するとともに、新たな用途や新製品の開発等を通じて、グループとして関連事業のさらなる成長を図るためには、両社の経営資源を統合し、最大限活用することが望ましいと判断し、合併を検討することとしました。

今後詳細検討を進め、年内に合併の実施について結論を出す予定です。

以 上

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。