三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、このたび、ベトナムの首都であるハノイに、デジタル印刷機器用有機感光体(Organic Photo Conductor※、以下「OPC」)の製造販売を行う現地法人を設立することを決定しました。商業生産の開始は2019年度末を予定しております。

ラベル・パッケージ等で印刷の多様化が進んでいる昨今の印刷業界においては、オンデマンド印刷・バリアブル印刷に対する世界的な需要が高まっており、これらに用いられるデジタル印刷機の市場も年々拡大しています。ベトナムは、いわゆるチャイナプラスワンの戦略として、OA機器メーカー各社が相次いで進出した結果、今や東南アジアにおける印刷機製造の一大拠点となっている一方、ベトナム国内にはOPCサプライヤーがいないため、OA機器メーカーは、使用するOPCを全て輸入により調達しているのが現状です。

こうした状況を踏まえ、今般、需要が旺盛なベトナムにOPCメーカーとしては唯一となる製造拠点を設けることにより、これまで以上に迅速で安定的に製品を提供するとともに、今後成長が見込まれるデジタル商業印刷という新市場へ積極的に展開することと致しました。

当社は、今後も商業印刷市場などの成長市場において技術優位性のある製品を提供し、イメージング関連事業の一層の強化を図っていきます。

※静電気の原理を用いた印刷方式「電子写真方式」のプロセスにおいて重要な役割を担う部材。

【ベトナム新社概要】

社  名:VINA MC IMAGING CO.,LTD
所 在 地:ベトナム社会主義共和国ハノイ市
設 立:2018年度中
事業概要:デジタル印刷機器用有機感光体(OPC)の製造および販売

以上

【ご参考】当社のOPC
本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。