三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)とサウジ基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation, 本社:サウジアラビア王国リヤド、CEO: Yousef Al-Benyan、以下「SABIC社」)との合弁会社であるThe Saudi Methacrylates Company(以下「SAMAC社」)は、サウジアラビアにおいて、メタクリル酸メチル(MMA)モノマー及びアクリル樹脂成形材料(PMMA)のプラントを建設、試生産により製造されたMMA及びPMMAが製品仕様に適合することを確認した上、昨年11月から一部出荷を開始していましたが、この度運転最適化の最終確認作業が完了し、4月2日から本格運転を開始しましたので、お知らせします。

SAMAC社は、強いコスト競争力を持つサウジアラビアのガス原料、ユーティリティー、インフラを最大限活用し、エチレンからMMAモノマーを製造する当社グループ独自の技術「新エチレン法(アルファ法)」を用いた世界最大規模のMMAモノマープラントと、MMAモノマーを主原料とするPMMAプラントを立ち上げ、運営することを目的として設立されました。世界のMMAモノマー需要は、今後も世界経済の成長とともに堅調な伸びが見込まれており、当社は、SAMAC社を、アジアを中心に、ヨーロッパ、中東、アフリカなどの市場にも対応する戦略的な供給拠点として活用していきます。

また、当社は、既に公表しております通り、米国におけるシェールガス由来のエチレンを原料にした新エチレン法(アルファ法)の25万トンMMAモノマー製造設備新設について、事業化調査を実施しております。今後、当社は、MMA事業の世界ナンバーワンシェアを維持し、圧倒的な競争優位性を維持するため、サウジプラントの安全安定運転に注力するとともに、米国での新設計画を含めて、世界各地域に配置するプラントの最適な生産体制を構築してまいります。

SAMAC社の概要
社名: The Saudi Methacrylates Company
代表者: 社長執行役員Ben Harris
所在地: サウジアラビア王国アルジュベイル地区
設立日: 2014 年6 月9 日
資本金: 1,350 百万サウジリヤル(約360 百万US ドル)
資本構成: 当社50%※、SABIC 社50%
事業内容: MMA モノマー(年産25 万トン)およびPMMA(年産4 万トン)の製造
※ 本プロジェクトのために設立された日本サウディメタクリレート合同会社(当社100%)を通じて出資


以 上

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。