三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁、以下「当社」)は、ポリ塩化ビニル(以下「PVC」)系エラストマー「サンプレーン™」(以下「サンプレーン」)について、この度、耐寒性を大幅に高めた新シリーズの本格的な販売を開始いたしました。

サンプレーンは、PVCが本来有する成形性・耐油性等に加え、独自のコンパウンド技術によって、ゴム弾性等の機械特性や上質な意匠性などが付加されたPVC系のエラストマーで、自動車・建材分野等の幅広い分野で採用されています。

一般的にPVCは、機械特性の温度依存が高く、使用環境による影響が受けやすい素材と言われており、低温環境下ではPVCが硬くなることでゴム弾性が低下してしまいます。

今回当社が開発した新シリーズは、独自のポリマーアロイ技術により、サンプレーンが従来有する特長を保ちつつ、耐寒性が大幅に向上しています。そのため低温環境下であっても物性変化が少なく、高いゴム弾性を発揮することができます。当該新シリーズは、既に国内自動車メーカーの自動車外装モールに採用されており、走行時の異音(風切音)発生を防ぐことができる素材として高い評価を得ています。
当該新シリーズは、今後大きな需要が見込まれることから、国内だけではなく米国などの海外拠点での生産も検討しており、グローバルに用途開拓を進めていく予定です。

当社は、引き続きお客様からの多様なニーズに応じるべく、サンプレーンのラインナップの拡充に努め、機能性樹脂事業の拡大を一層加速させていきます。


以上

従来品と新シリーズとの硬度温度依存性の比較
本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。