三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁、以下「当社」)は、この度、タイにある子会社の三菱ケミカルパフォーマンスポリマーズタイランド(Mitsubishi Chemical Performance Polymers (Thailand) Co., Ltd.)にて、2018年1月より、スチレン系熱可塑性エラストマー(TPS)の製造を開始いたしましたので、お知らせいたします。

当社の熱可塑性エラストマーは、「テファブロック」を基幹ブランドに、オレフィン系・スチレン系・ポリエステル系の各種エラストマーをラインナップに取り揃え、グローバルに事業を展開しております。当社のTPSは、自動車・建材・電子部品・食品・医療などの幅広い分野で採用されており、これまで日本、中国、米国、欧州、ブラジルにて製造を行ってきました。
これまで、東南アジアについては、域外で製造したTPSを輸出する形で製品を供給しておりましたが、近年、自動車・食品分野等を中心にTPSの需要が高まっており、今後も拡大することが見込まれています。当社は、こうした旺盛な市場要望に対応することを目的に、需要地により近いタイにおいてTPSの製造を開始することといたしました。
これにより、タイにおける熱可塑性エラストマーの製造ラインナップが4ブランド(※)に拡充され、これまで以上に迅速で幅広いソリューションの提供が可能となります。

当社は、引き続きお客様からの多様なニーズに応じるべく、熱可塑性エラストマーのラインナップの拡充に努め、機能性樹脂事業の拡大を一層加速させていきます。

※従来、タイでは自動車エアバッグ用熱可塑性エラストマー「サーモラン」、架橋オレフィン系熱可塑性エラストマー「トレックスプレーン」、塩ビ系熱可塑性エラストマー「サンプレーン」の計3ブランドを製造

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。