三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)は、粉砕トナー事業から撤退することを決定しましたので、お知らせします。グループ会社である三菱ケミカルハイテクニカ株式会社上越テクノセンター(所在地:新潟県上越市)における製造を、2019年3月末をもって停止する予定です。

当社は、三菱ケミカルホールディングスグループの中期計画である「APTSIS 20」のもと、ポートフォリオ改革に取り組んでいます。粉砕トナーは市場が伸び悩むと同時に、中国メーカーの参入等により価格競争が激化しています。このような環境下、当社として、同事業が今後継続的に成長していくことは難しいとの判断に至りました。

当社は、今後も商業印刷市場などの成長市場において技術優位性のある製品を提供し、イメージング関連事業の一層の強化を図っていきます。


【今後のスケジュール】
2019年3月末 製造停止




以上

本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。