三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁、以下「当社」)は、ポリオレフィン系のシラン架橋性樹脂「リンクロン®」(以下「リンクロン」)専用の脱スズ触媒マスターバッチ(MBを新たに開発しました。

 

パイプや電線被覆材等で40年近く採用実績があるリンクロンは、成形時に専用のスズ含有触媒MBを混合させ、熱水処理を施すことで、耐熱性や耐クリープ特性(一定の荷重をかけても変形しにくい)を発現させて使用します。

 

一方、近年、欧州ではスズ化合物に対し、使用濃度の制限や乳幼児の皮膚に接触する用途での使用が禁止されるなど規制が厳格化されており、スズ含有触媒MBの代替品の開発が強く求められてきました。

 

従来のスズ含有触媒MBは、架橋反応速度が速く、基材への着色もない優れた触媒であり、代替品の開発は容易ではありませんでしたが、この度、当社は、スズ化合物に代替する新たな触媒を見出し、リンクロン向けに改良することで、従来品と同等の架橋反応速度・性能を有する脱スズ触媒MBを開発することに成功しました。この脱スズ触媒MBで成形した製品は、従来のスズ含有触媒を使用した製品と同等の耐熱性や耐クリープ性を持ち、リンクロンのすべてのグレードに適用することが可能です。

 

さらに、今回開発した脱スズ触媒MB、従来品に比較し、常温における架橋反応速度および架橋到達度が高く、従来必要であった熱水処理設備がなくても十分に性能を発揮できるため、リンクロンの新しい用途・市場を開拓することができると考えています。

 

当社は、本年3月よりリンクロンとスズ触媒MBグローバルマーケティングを開始しました。今後は、全世界で管材・被覆材等の既存用途および常温架橋性を利用した新しい用途・市場の開拓を進め、機能性樹脂事業の拡大を一層加速させていきます。

リンクロンの使用用途:電線被覆材
リンクロンの使用用途:給湯パイプ
本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。