三菱ケミカル株式会社



三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁、以下「当社」)は、サウジ基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation, 本社:サウジアラビア王国リヤド、CEO: Yousef Al-Benyan、以下「SABIC社」)と共同で、サウジアラビアにおけるメタクリル酸メチル(MMA)モノマー及びアクリル樹脂成形材料(PMMA)プロジェクトを進めてきましたが、両社合弁会社The Saudi Methacrylates CompanyのMMA及びPMMAプラントにつきまして、このたび、計画通り完工(Mechanical Completion)しましたので、お知らせします。今後は、試運転のフェーズに入り、2017年年央に営業運転を開始する予定です。



Saudi Methacrylates 社の概要


社名: The Saudi Methacrylates Company
代表者: 社長執行役員Ben Harris
所在地: サウジアラビア王国アルジュベイル地区
設立日: 2014 6 9
資本金: 1,350 百万サウジリヤル(約360 百万US ドル)
資本構成: 当社50%※、SABIC 50%
事業内容: MMA モノマー(年産25 万トン)およびPMMA(年産4 万トン)の製造
本プロジェクトのために設立された日本サウディメタクリレート合同会社(当社100%)を通じて出資


以上



本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140

掲載内容は発表日現在のものです。その後、内容が変更になる場合がありますので、予めご了承ください。