新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈りするとともに、未だ苦しんでおられる方々や困難な状況におかれている方々、ご家族及び関係者の方々にお見舞い申し上げ、一日も早いご回復をお祈り致します。また、医療の最前線で感染拡大防止のために必死にご尽力されている皆様に心から感謝申し上げます。


三菱ケミカルグループでは、新型コロナウィルス感染症に対する緊急対策本部を設置し、従業員とその家族の健康と安全の確保を徹底すると同時に、お客様、お取引先様を始めとする関係者の皆様と共に化学メーカーとしての社会的責任を果たすため、人々の生活を支えるべく操業維持の努力を継続しております。また、医療関係者の皆様を始めとした最前線でご尽力されている方々への支援を通して、この災禍の終息に向けて引き続き努力してまいります。


2020年5月18日


三菱ケミカル株式会社
代表取締役社長
和賀 昌之

三菱ケミカルの感染防止対策


4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府より「緊急事態宣言」が発令されました。
これに伴い当社は、社内に緊急事態を宣言するとともに、国内勤務者を対象に、従来の対応をさらに強化し、政府の緊急事態宣言に定める期間、以下の対応を実施します。
関係者の皆さまにおかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

  1. 1.勤務
    • 4月7日、政府の緊急事態宣言の対象地域(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)内のオフィスビルへの 出社は原則として禁止とし、全員テレワークまたは自宅待機とします。
      その他の地域においても、時差出勤やテレワークの活用を強く推奨します。
    • 4月16日政府発表により、対象区域は全都道府県に拡大しました。
    • 5月4日政府発表により、対象地域を全都道府県としたまま期間が5月31日まで延長されました。
    • 5月14日政府発表により、引き続き特定警戒地域とする北海道、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県を除く39県で、緊急事態宣言が解除されました。
      ※ 特定警戒都道府県以外は、各事業所の判断で5月22日もしくは31日までに「原則、出社禁止」の扱いを解除します。
      ※ 特定警戒都道府県については、現時点では5月31日まで「原則テレワーク勤務(=原則、出社禁止)」との扱いとしますが、5月21日の政府発表も含めた状況等を踏まえ、「原則、出社禁止」の解除の是非を判断します(5月31日より前に解除する場合あり)
    • 5月21日政府発表により、大阪府、京都府、兵庫県は緊急事態宣言が解除されました。【5/22追加】
      ※ 【特定警戒都道府県】
      現時点では5月31日まで「原則テレワーク勤務(=原則、出社禁止)」との扱いとします。
      特定警戒都道府県から外れた時点より2週間以内に、各場所の判断で、「原則、出社禁止」を解除します。
      ※ 【特定警戒都道府県以外】
      各場所の判断で原則テレワーク勤務が解除されるまでは、特定警戒都道府県と同じ対応とします。
      <5月14日に特定警戒都道府県から外れた地域>
      各場所の判断で5月31日までに「原則、出社禁止」の扱いを解除します。
      <5月21日に特定警戒都道府県から外れた地域>
      各場所の判断で6月5日までに「原則、出社禁止」の扱いを解除します。
    • 5月25日、政府は新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を、全ての都道府県で解除することを決定しました。【5/26追加】
      これを受けて三菱ケミカル緊急事態宣言も解除します。
      <5月14日に特定警戒都道府県から外れた地域>
      各場所の判断で5月31日までに「原則、出社禁止」の扱いを解除します。
      <5月21日、5月25日に特定警戒都道府県から外れた地域>
      各場所の判断で6月5日までに「原則、出社禁止」の扱いを解除します。
      <福岡事業所> 【5/28追加】
      北九州市での感染者急増により5月29日以降、事業所の判断により再度「原則、出社禁止」の扱いとします。
  2. 2.出張
    国内外の出張を原則禁止とします。
    ※ 但し、外務省の発出する感染症危険情報がレベル3以上の国・地域(現時点で米英中韓含む73か国・地域)への出張は、例外なく禁止とします。
  3. 3.会議・イベント
    1. (1) 国内の会議、イベント、講演会、集会等の不特定多数の人が集まる場所への出席・参加は、原則禁止とします。
    2. (2)日々の申し送りや少人数の打ち合わせを除き、会議は原則としてスカイプ会議とします。 なお、会議招集時にはスカイプ設定を入れ、できる限り会議時間の短縮・参加者の限定や会議そのものの延期も検討します。
    3. (3)同一職場・地域であっても、少人数の打合せ等を除き、できる限り会議時間の短縮・参加者の限定や会議の延期、テレビ会議の活用などを検討することとします。
    4. (4)社内外の会食、懇親会は原則として禁止します。
  4. 4.健康・衛生管理
    1. (1)日常的に手洗い・咳エチケット等を徹底します。
    2. (2)海外から帰国した社員については、自覚する症状がない場合であっても、帰国後14日間は自宅待機とし、健康管理を行います。
  5. ※ 上記は現時点での対策であり、今後の状況を踏まえて適宜見直します。
    ※ 国内グループ会社においても、上記対応を基準として、それぞれ感染拡大防止対応を実施しています。


    ニュースリリース・お知らせ




本件に関するお問い合わせ先
(株)三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室
  • TEL:03-6748-7140