基本方針

三菱ケミカルは、従業員一人ひとりが、やりがいと満足感をより実感しながら、いきいきと活力高く働き、仕事と生活のバランスが取れた豊かな人生を送れるように「KAITEKI健康経営」に取り組んでいます。私たちがめざす「KAITEKI」を冠した「KAITEKI健康経営」としてその定義や目標を定め、健康という視点から企業の最も大切な財産の一つである「働く人」の活躍を最大化していくために、戦略的に経営資源を投入していきます。

「KAITEKI健康経営」概念図

「KAITEKI健康経営」概念図

「KAITEKI健康経営」の推進にあたっては「健康支援」と「働き方改革」を両輪として次に示す3つの視点から具体的な活動や施策を実行しています。

自分の健康 Self Wellness

<自分が健康であること>
私たちは、「自分の健康は自分で管理する」という原則に基づき、活き活きと働くことができるように、自律的な健康管理を推進します。

職場の健康 Workplace Wellness

<職場が健康であること>
私たちは、ともに働く仲間の個性を認め、お互いに支え合う力をもとに、職場の環境、業務の改善を通して活力と創造力のある職場をつくります。

家族や地域の健康 Social Wellness

<家族が健康であり、地域とのつながりを大切にすること>
私たちは、「自分の健康」と「職場の健康」をより良く向上させることを通じて、家族や地域の一員として、広く社会に貢献することを目指します。

そして、その進捗や成果を確認するためのKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)を活用・評価し、PDCAを回していきます。
また、健康保険組合や労働組合と協働していくとともに、グループ各社との情報共有や連携も図っていきます。

健康支援

KAITEKI健康経営を実現する健康支援施策

三菱ケミカルは、法令対応を含むすべての健康支援施策をKAITEKI健康経営としての取り組みと位置づけ、「自分の健康」「職場の健康」「家族・地域の健康」の3つの健康を実現するためにさまざまな施策を展開しています。具体的には、安全衛生管理体制の整備や健康診断・ストレスチェック実施など健康・衛生に関する各種法令を遵守するとともに、従業員のプライバシーを十分に尊重しながら、心身の健康の保持・増進を支援する活動に積極的に取り組んでいます。また、健康保険組合とも連携・協働(コラボヘルス)し、従業員や職場の健康課題をより正確に把握するとともに、それらの課題に合わせて、より効果的・効率的に施策を推進していき、健康の視点からもKAITEKI実現をめざしています。

健康意識の向上と生活習慣の適正化

コラボヘルス

三菱ケミカルは、健康保険組合と積極的に連携・協働(コラボヘルス)し明確な役割分担と良好な職場環境のもと、従業員や家族の健康に対する意識向上、健康づくりを効果的・効率的に実行しています。具体的には、ICTを活用し、健診結果の閲覧および経年管理、健康リスク判定などの健康情報や、医療費通知といった医療情報をわかりやすく可視化、集積した健康ポータルを開設しました。また、各自の健康度を上げるための行動変容をサポートするため、新たに健康ポイント(インセンティブ制度)を導入し、モチベーションの維持や自発的な取り組みを促進しています。
今後は、特定保健指導を活用することで生活習慣病を未然に防ぎ、健康組合と会社の双方がもつ健診結果データ等の共有による事後指導、さらに重症化予防対策として一定の基準値を設定し、各疾病の高リスク保有者に対する医療機関への受診勧奨を通して、一人ひとりの意識向上と行動変容を図っていきます。

安心で健康な職場づくり

受動喫煙防止対策の推進

すべての従業員が健康で安心して活躍できる職場をつくるため、2020年4月1日より、本社・支社などを含む全事業所内において当社の従業員は就業時間内禁煙としました。これと併せて、社外や地域の方、家族の健康も考慮し、事業所外で働く場合も就業時間内は禁煙としています。喫煙者・非喫煙者の理解や協力のもと、就業時間内禁煙開始から1年以上が経過し、就業環境における受動喫煙を大幅に減らすことができています。また、卒煙をめざす従業員向けに禁煙サポートサービスを利用した支援体制も整えており、喫煙率は徐々に低下しています。

治療と仕事の両立支援

三菱ケミカルは、これまでの充実した休業補償制度に加え、2021年4月より「治療のための短時間・短日数勤務制度」を新設しました。これにより、治療の状況や希望によって、「休業」または「治療と仕事の両立」を選択することが可能になりました。運用開始にあたり制度の利用マニュアル(治療と仕事の両立支援ハンドブック)を発行し、従業員に広く周知しています。
また、治療と仕事の両立を希望する従業員に対して主治医との連携のもと、人事部門、産業医・産業看護職、そして一緒に働く上司や同僚がともに支援する環境づくりを進めています。加えて、オンラインがんサロンなど気軽に相談できる体制づくりを進めていくことで、治療と仕事の両立をしている仲間を受け入れ、ともに働くことを通して多様性やさまざまな価値観に気づく、より豊かな企業文化の醸成をめざしています。治療と仕事の両立が根付いていくことは、三菱ケミカルがめざす「KAITEKI実現」にも通じるものと考えています。

人的要因に着目した労働災害対策

KAITEKI体操・安全安心体力テスト

国内および社内における労働災害において「転倒災害」は分類上、最も高頻度に発生しているものの一つです。その防止対策として、これまでも全社をあげて設備改善、作業手順の見直し、各種教育などを実施してきましたが、転倒災害は減少しているとはいえない状況にあります。そこで、こうした対策に加えて「人的要因」つまり「ヒトの体力・身体能力」に着目した対策を進めています。具体的には「KAITEKI体操」で「転倒しにくいからだづくり」を進め「安全安心体力テスト」で「転倒リスク」の評価をしています。2017年度から全社での取り組みを順次開始しましたが、2020年度までの4年間で、問診結果では過去1年間の転倒経験に年々減少傾向が見られ、体力テストの結果では転倒ハイリスク者の減少傾向が認められています。2020年度には体操動画などツールのグローバル化・ダイバーシティ対応を進め、国内外グループ会社への展開を加速しています。テレワークが増えるなど働き方の変化が大きい中でも、KAITEKI体操を継続し、三菱ケミカルグループ全体で、すべての年齢層で転倒しにくいからだづくりを図っていきます。

働き方改革

仕事の改革

課長層がリーダーシップを発揮して、職場単位で仕事のやり方を抜本的に改革することで、ムダを排除し、時間を創出します。それによって、価値を創造する業務を充実させたり、ワークライフバランスを図れるようにしていきます。人事・総務などの共通機能部門は、会議運営、資料・メール作成に関するガイドラインを公開しています。また、IT活用によるコミュニケーションツールを充実させることで、そうした職場の仕事改革をサポートしていきます。仕事の改革は、業務変革推進プロジェクトとも連携を図りながら推進していきます。

適正な労働時間管理

三菱ケミカルは、KAITEKI健康経営の「働き方改革」の一環として、そして長時間労働防止およびコンプライアンス徹底の観点から、適正な労働時間管理に努めています。

長時間労働解消・年次有給休暇取得率向上への取り組み

正確な労働時間の把握のため、勤怠システムに業務で使用するコンピューターのログオン・ログオフ時刻を記録し、勤務実態と申告する労働時間に乖離が生じないようにしています。
所属長向けに適正な労働時間管理に関する説明会を実施するなどの啓発活動を通して、各部署が自発的な業務改善を行うことで時間外労働の削減につなげています。
また、リフレッシュ休暇制度1や計画年休2の設定などにより、従業員が休暇を取得しやすくなるよう努めています。さらに従業員の自主的な社会貢献活動を支援するため、ボランティア休暇(年5日)、ドナー休暇(必要な日数)も設けています。

勤務間インターバル

しっかりと休息を取り前日の疲労を翌日に持ち越さないため、また長時間労働による過労を原因とした健康リスクを回避するために「勤務間インターバルガイドライン」を設定しています。従業員は終業から翌日始業までを11時間以上空けるよう努力することとし、勤務表でもインターバルが確保できているかどうかを簡単にチェックできるようにしています。

  • 1リフレッシュ休暇制度:年次有給休暇を連続して2日以上取得した場合、年次有給休暇取得日の翌営業日に付与する制度。年1日(ただし、当年4月1日時点の年齢が満20、25、30、35、40、45、50、55歳の場合は年3日以内)。
  • 2計画年休:日勤者の年次有給休暇のうち、計画的に一斉取得する年休のこと。年3日以内。

柔軟な働き方の推進

テレワーク制度

従業員が生産性高く働けるようにする一環として、また、新しい生活様式を踏まえて、テレワークを強く推奨しています。1週間のすべてをテレワーク勤務可とすることで、より柔軟な働き方に対応しています。勤務場所も自宅のほか、当社が契約するサテライトオフィスも利用できます。

各種休暇制度の概要

従業員が仕事とプライベートを両立できるように、以下のような休職・休暇制度を設けています。

主な休職制度(育児・介護休職以外)

海外転勤同行休職、青年海外協力隊休職、不妊治療休職 など

ライフサポート休暇

前々年度取得分の失効した年次有給休暇は、ライフサポート休暇として40日を上限として積み立てることができます。取得要件は、傷病、妊娠、介護・育児、不妊治療、罹災、ボランティアとしています。

主な特別休暇

忌引・法要休暇、結婚休暇、生理休暇、罹災・遮断休暇、ボランティア休暇、ドナー休暇、転勤休暇、帰省休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、公職休暇、妊娠休暇、配偶者出産休暇、看護休暇、介護休暇 など

三菱ケミカルは決めました

KAIEKI健康経営に関する施策を「三菱ケミカルは決めました」という「33の宣言」にまとめて社内外に発信しています。従業員の「こんな会社になってほしい」という思いも反映したうえで、会社としての姿勢・決意を宣言という形で明確に示し、KAITEKI健康経営の実現に向けて取り組んでいきます。

No. 33の宣言 (2021年4月1日現在)
1 KAITEKI健康経営を推進します
2 従業員の健康維持・管理に、予防から治療、就業との両立まで、更に深く真剣に関わります
3 KAITEKI健康経営を踏まえた組織マネジメントと部下育成を職位者の重点課題に位置づけます
4 ハラスメントゼロ職場を実現します
5 ゼロ災をめざします
6 職場での受動喫煙防止対策を徹底します
7 製造現場の社員もしっかり休めるように要員配置を見直します
8 製造現場のトイレ環境を改善します
9 サービス残業を許しません
10 テレワークを推進します
11 「休日メール」「休日の作業を前提とした資料作成指示」を禁止します
12 社員全員が3日連続の休暇を取得できるようにします
13 部下に有給休暇をしっかり取得させた組織長には、その要素も加味した評価や認知を実施します
14 社員が配偶者の転勤に帯同したい場合や介護で親元に戻りたい場合は、積極的なサポートを実施します
15 子供を持って働く社員を長期的視点で支援します
16 男性の育児休職または時短取得率100%をめざします
17 育児・介護に限らず、病気治療等家庭や個人の事情がある人には時短勤務を認めます
18 介護離職ゼロをめざします
19 性別、国籍、障がいの有無、性的指向・性自認等に関わらず、さまざまな価値観を持った多様な人材がいきいきと活躍できる職場にします
20 障がい者の職域拡大、職場環境整備をはかり、雇用促進を全社的に進めます
21 Welcome Talent! 新卒に加えて、中途採用も積極的に実施していきます
22 Welcome Back! 他所で経験を積んで戻ってきてくれる人を歓迎します
23 当社に入社してくれる誰もが、入社後スムーズに活躍できるようになるための支援(研修等)を行います
24 年令や勤続年数、性別に関係なく、職務、経験、貢献度等を踏まえた登用を行います
25 育児や介護の経験は貴重な体験であり、昇格・評価等も含めた諸任用の際に休職自体が不利に取り扱われることはありません
26 キャリアデザイン面談や1on1を行い、社員一人ひとりの成長を支援します
27 どこでどのように働きたいのか等、社員のキャリア志向や希望に寄り添い、自発的にチャレンジができる仕組みを作ります
28 社員の学びをサポートします
29 Welcome 武者修行!
30 ボランティア参加する社員を応援します
31 コミュニケーション活性化や組織の活力向上に向けた取り組みを行います
32 心身に負担の大きい作業を削減し、女性や高齢者を含め誰でも活躍できる環境を作ります
33 DXを推進し、新たな価値の創造と高い生産性を実現します