基本方針

三菱ケミカルは、従業員一人ひとりが、やりがいと満足感をより実感しながら、いきいきと活力高く働き、仕事と生活のバランスの取れた豊かな人生を送れるように、「KAITEKI健康経営」に取り組んでいます。私たちがめざす「KAITEKI」を冠した「KAITEKI健康経営」としてその定義や目標を定め、健康という視点から企業の最も大切な財産の一つである「働く人」の活躍を最大化していくために、戦略的に経営資源を投入していきます。

「KAITEKI健康経営」概念図

「KAITEKI健康経営」概念図

「KAITEKI健康経営」の推進にあたっては、「健康支援」と「働き方改革」を両輪として次に示す3つの視点から具体的な活動や施策を実行しています。

自分の健康 Self Wellness

<自分が健康であること>
私たちは、「自分の健康は自分で管理する」という原則に基づき、活き活きと働くことができるように、自律的な健康管理を推進します。

職場の健康 Workplace Wellness

<職場が健康であること>
私たちは、ともに働く仲間の個性を認め、お互いに支え合う力をもとに、職場の環境、業務の改善を通して活力と創造力のある職場をつくります。

家族や地域の健康 Social Wellness

<家族が健康であり、地域とのつながりを大切にすること>
私たちは、「自分の健康」と「職場の健康」をより良く向上させることを通じて、家族や地域の一員として、広く社会に貢献することを目指します。

そして、その進捗や成果を確認するためのKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)として「いきいき活力指数」「働き方指数」「健康指数」の3つを設定し、PDCAを回していきます。
また、健康保険組合や労働組合と協働していくとともに、グループ各社との情報共有や連携も図っていきます。

健康支援

健康管理・健康増進に関する基本方針

三菱ケミカルは、従業員の心とからだの健康管理に必要な事項を「健康管理規程」として定めています。私たちは、安全衛生管理体制整備や健康診断・ストレスチェック実施など健康・衛生に関する各種法令を遵守するとともに、従業員のプライバシーを十分に尊重しながら、心身の健康の保持・増進や健康管理活動に積極的に取り組みます。職制と人事部門・産業医などの専門スタッフは、それぞれの役割と責務を認識しながら連携し、労働時間、業務の内容や負荷、職場環境の維持・改善に努めます。また、就業上配慮すべき心身の問題が生じた場合には、適切に対応します。

人的要因に着目した労働災害対策

KAITEKI体操・安全安心体力テスト

国内および社内における労働災害において「転倒災害」は分類上、最も高頻度に発生しているものの一つです。その防止対策として、これまでも全社をあげて設備改善、作業手順の見直し、各種教育などを実施してきましたが、転倒災害は減少しているとは言えない状況にあります。
そこで、こうした対策に加えて「人的要因」つまり「ヒトの体力・身体能力」に着目した対策を進めています。具体的には「KAITEKI体操」で「転倒しにくいからだづくり」を進め、「安全安心体力テスト」で「転倒リスク」の評価をしています。2017年度から全社での取り組みを順次開始しましたが、先行して取り組んだ事業所群では、従業員アンケートや問診結果で過去1年間の転倒経験に減少傾向が見られ、体力テストの結果では6割以上の人に改善傾向が認められています。今後は、より「正確に・継続的に」この取り組みが進むようIoTを用いた社内ツールの開発や、ハンディキャップのある従業員が気軽に取り組めるよう、体操のバリエーションを増やすことを検討しています。こうした対策を通じて、すべての年齢層で転倒しにくいからだづくりを図っていきます。

健康意識の向上と生活習慣の適正化

ICT/IoTを活用した健康支援ツールの導入

KAITEKI健康経営を支えるインフラとして、従業員の健康をサポートするシステム「i2 Healthcare」を導入しました。「生活習慣適正化」の取り組みの一環としてこのシステムを活用し、健康に対する意識の向上と生活習慣の改善を図っていくことにしています。
また、腕時計のように装着して自分の脈拍や運動量、睡眠時間などの体調が確認できるウェアラブルデバイスを希望者に貸与し、i2 Healthcareと連動させて健康増進に役立てていきます。

すべての従業員による健康づくり宣言の開始

従業員一人ひとりが「自分の健康」や「職場の健康」を意識し、どうすればより健康的にいきいきと働くことができるか考え、行動するために、各自の言葉で「健康づくり宣言」を行う取り組みを始めました。

安心で健康な職場づくり

受動喫煙防止対策の推進

就業環境における受動喫煙をできる限り軽減し、すべての従業員が健康で安心して活躍できる職場をつくるため、2020年4月1日より、本社・支社などを含む全事業所内において、当社の従業員は禁煙とする予定です。これと併せて、社外や地域の方、家族の健康も考慮し、事業所外で働く場合も勤務時間内は禁煙とする方針で、現在、種々の準備を進めています。

働き方改革

仕事の改革

課長層がリーダーシップを発揮して、職場単位で仕事のやり方を抜本的に改革することで、ムダを排除し、時間を創出します。それによって、価値を創造する業務を充実させたり、ワークライフバランスを図れるようにしていきます。人事・総務などの共通部門は、会議運営、資料・メール作成に関するガイドラインを提案しています。また、IT活用によるコミュニケーションツールを充実させることで、そうした職場の仕事改革をサポートしていきます。仕事の改革は、全社改善活動「UP!20」とも連携を図りながら推進していきます。

適正な労働時間管理

三菱ケミカルは、KAITEKI健康経営の「働き方改革」の一環として、そして長時間労働防止およびコンプライアンス徹底の観点から、適正な労働時間管理に努めています。

長時間労働解消・年次有給休暇取得率向上への取り組み

正確な労働時間の把握のため、勤怠システムに業務で使用するコンピューターのログオン・ログオフ時刻を記録し、勤務実態と申告する労働時間に乖離が生じないようにしています。
所属長向けに適正な労働時間管理に関する説明会を実施するなどの啓発活動を通して、各部署が自発的な業務改善を行うことで時間外労働の抑制につなげています。
また、リフレッシュ休暇制度1や計画年休2の設定などにより、従業員が休暇を取得しやすくなるよう努めています。さらに従業員の自主的な社会貢献活動を支援するため、ボランティア休暇(5日)、ドナー休暇(必要な日数)も設けています。

  • 1リフレッシュ休暇制度:当年4月1日時点で勤続満1年以上の社員が、年次有給休暇を連続して2日以上取得した場合、年次有給休暇取得日の翌営業日に付与する制度。年1日。
  • 2計画年休:日勤者の年次有給休暇のうち、計画的に一斉取得する年休のこと。年3日以内。

柔軟な働き方の推進

テレワーク制度

2017年11月よりテレワーク制度を導入し、自宅などでの勤務を可能にしました3。対象範囲は育児や介護を担う従業員に限定せず、日勤者で勤続1年以上であれば週2回まで利用可能です。ワークライフバランス、通勤の負荷軽減などに有効活用できるものと考えています。今後はサテライトオフィスも整備し、より柔軟な働き方ができる環境を整えていきます。

  • 3制度導入状況は事業所によって異なる。

各種休暇制度の概要

従業員が仕事とプライベートを両立できるように、以下のような休職・休暇制度を設けています。

主な休職制度(育児・介護休職以外)

海外転勤同行休職、青年海外協力隊休職、不妊治療休職 など

ライフサポート休暇

前々年度取得分の失効した年次有給休暇は、ライフサポート休暇として40日を上限として積み立てることができます。取得要件は、傷病、妊娠、介護・育児、不妊治療、罹災、ボランティアとしています。

主な特別休暇

忌引・法要休暇、結婚休暇、生理休暇、罹災・遮断休暇、ボランティア休暇、ドナー休暇、転勤休暇、帰省休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、公職休暇、妊娠休暇、配偶者出産休暇、看護休暇、介護休暇 など