KAITEKI実現の担い手である従業員の能力が最大限に発揮されるよう、そして、新たな労使の信頼関係のもとでの企業の持続的発展をめざして、三菱ケミカルではさまざまな取り組みを行っています。

基本方針

三菱ケミカルグループは、経営の基本方針の一つとして「人を活かす経営」を掲げています。私たちは、健康経営を実践し、すべての働く人が意欲的、自発的、主体的に仕事に取り組み、一人ひとりの能力が最大限発揮されるよう、またダイバーシティを推進し、人材の多様さを強みにする経営を行っていきます。

ありたい人材・組織像

私たち(個々人)は、

  • 自らの業務・役割について深く考え、行動し、責任をもってやり遂げます。
  • 違いを積極的に受け入れ、お互いを尊重し、広く人とつながります。
  • 現状にとらわれず、新たな行動を起こし、価値創造に挑戦し続けます。

私たち(組織)は、

  • 皆が目標・方向性に共感し、いきいきと働く組織を作ります。
  • 変化を先取りし、協働してスピーディに行動します。
  • 多様な個性や考え方を活かし、個々人の総和を超える価値の創造に挑戦し続けます。(1+1>2)

企業の持続的発展のための人事戦略

三菱ケミカルは、「人を活かす経営」の実現に向け、主に以下の課題に取り組んでいます。

  • KAITEKI健康経営の実践
  • 人権の尊重とダイバーシティの推進
  • 適正配置および人材育成

一点目のKAITEKI健康経営の実践については、「健康支援」と「働き方改革」を両輪として推進することにより、個人と職場の健康度を高めることを目標にしています。すなわち「一人ひとりが健康で満足できる働き方」と「一人ひとりがいきいきと能力を最大限に発揮できる職場環境」を同時に追求しており、三菱ケミカルはこの実現のために投資をし、仕組みをつくり、戦略的に推進します。また、自律的かつ積極的に自分の健康と仕事・職場と向き合い、「どうすればより健康的にいきいきと働くことができるか」を一人ひとりの従業員が考え、それを行動に移すように促しています。そうすることで、仕事や職場はもとより毎日の生活に満足感と達成感を得られるようになると考えています。そして、このように「健康」に支えられた人と組織であってこそ、家族や地域にも良い影響をもたらし、事業を通じて社会に貢献すること、つまりKAITEKI実現に寄与できると考えています。
二点目の人権の尊重とダイバーシティの推進について。私たち三菱ケミカルグループは、すべての従業員が、国籍・人種・宗教・年齢・性別・性的指向・障がいの有無などの多様な個性・多様な価値観を互いに尊重し合い、企業としての社会的責任を果たし、そのうえで、一人ひとりの従業員がもつ能力を最大限に発揮できる企業集団をめざしています。多様な人材が活躍するための基盤整備および支援を目的に、人権尊重、障がい者雇用促進、女性活躍、育児・介護支援といったこれまで注力してきた取り組みをさらに発展させるとともに、国籍にかかわらず働きやすい環境づくりや、LGBTへの理解と支援などにも取り組んでいます。
三点目の適正配置および人材育成については、すべての働く人が、意欲的、自発的、自律的に仕事に取り組み、一人ひとりの能力が最大限発揮できる企業になることをめざしています。具体的には、グローバル化に対応したグループ全体での適正配置を実現するとともに、従業員の自律的な成長を促すことを狙いとした中長期・計画的な人材配置・育成システムとしてキャリアデベロップメントプログラムを導入しました。今後はこのプログラムを基軸に、地域統括会社との役割分担を明確にしながら、三菱ケミカルグループ全体での適正配置・人材育成に取り組んでいきます。

従業員意識調査の取り組み

三菱ケミカルグループでは、国内の従業員および海外駐在員を対象に、毎年1回、従業員意識調査を実施しており、2017年度はグループ全体で約33,000名からの回答がありました。(回収率約94%)
働くことに対する意識や価値観、職場の状況など、従業員に関する多様な項目を調査し、経営指標である「MOS指標」の一つとしている「従業員満足度」を把握するとともに、従業員の声を経営諸施策に反映させるような取り組みを行っています。

従業員とともに コンテンツリスト