基本方針と重点施策

三菱ケミカルは、地球環境への貢献を目的として、温室効果ガス排出量の削減、省資源・省エネルギーの推進、大気や水・土壌などの汚染の防止、廃棄物の発生抑制・再使用・再資源化の推進、自然環境・生態系の保全活動とそれに資する技術開発の推進、環境にやさしい製品の開発・製造などに積極的に取り組み、事業活動のすべての過程において環境負荷の低減に努めています。
また、法令遵守のための環境法令教育や環境監査、法改正情報や最新情報の共有を目的とした三菱ケミカルグループの環境担当者が集まる連絡会を年2回実施しています。

2017年度は、年度目標を環境事故ゼロおよび地球環境への貢献と定め、以下の項目を重点施策として活動を推進しました。

  • 環境リスク低減
    環境法令教育や環境監査によって法令遵守を徹底するとともに、リスクアセスメントによって計画的に環境リスクを低減します。
  • 環境負荷低減
    温室効果ガス排出量の削減、省資源・省エネルギーの推進、環境負荷物質の排出量削減などの環境負荷低減を推進します。
  • 地域社会との共生
    地域とのコミュニケーションを通して三菱ケミカルの環境保全への取り組みを発信し、地域社会との共生に努めます。

気候変動への対応

三菱ケミカルは、三菱ケミカルホールディングスの環境負荷削減目標「2015年度までに温室効果ガス排出量を2005年度比で17%以上削減」をもとに、温室効果ガスの削減活動に取り組み、2015年度には同目標を達成しました。2016年度以降も目標達成を維持しています。
今後は集計対象を海外グループ会社まで広げ、三菱ケミカルグループの中期経営計画の目標達成をめざして、温室効果ガスのさらなる削減活動に取り組んでいきます。

エネルギー使用量
エネルギー使用量
温室効果ガス排出量
温室効果ガス排出量
  • 2016年度以前の環境関連のデータは、三菱ケミカル発足前の旧三菱化学、旧三菱樹脂、旧三菱レイヨンおよび各社の国内グループ会社の合算値。
  • エネルギー使用量および温室効果ガス排出量は、2015年度からGHGプロトコルに準拠して集計。エネルギー使用量のみ旧3社の合算値(国内グループ会社を含まない)。

ライフサイクルアセスメントの取り組み

ライフサイクルアセスメント(LCA)とは、ある製品・サービスのライフサイクル全体(資源採取-原料生産-製品生産-流通・消費-廃棄・リサイクル)または、これらの特定段階における環境負荷を定量的に評価する手法です。三菱ケミカルは、製品・サービスのライフサイクル全体の環境負荷を評価することで、環境により配慮した製品・サービスを開発し、社会に提供できるように取り組んでいます。

大気、水質、土壌の汚染防止

三菱ケミカルは、多種多様な化学物質を取り扱っていることから、排ガス・排水処理設備の導入・改善による有害大気汚染物質の排出量削減や、公共水域への汚染物質の排出量削減に、継続的に取り組んでいます。
大気、水質への環境負荷物質(NOX、SOX、ばいじん、COD)の排出量は、低減もしくは維持しています。2017年度は、組織改編などの要因によりNOXが900トン減少しました。PRTR1法対象物質、VOC2については、生産量増加などにより増加しています。

大気・公共水域への環境負荷削減
大気・公共水域への環境負荷削減
PRTR法対象物質排出量
PRTR排出量
VOC排出量
VOC排出量
  • 1PRTR(Pollutant Release and Transfer Register):化学物質排出移動量届出制度。有害性のある化学物質がどのような発⽣源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握、集計し、公表する仕組み。
  • 2VOC(Volatile Organic Compounds):揮発性有機化合物。代表的な物質としてトルエン、キシレンなどがある。これらは光化学オキシダント(光化学スモッグ)の原因物質の一つとして、2006年の改正⼤気汚染防⽌法で規制対象となった。

TOPICS:プラスチック海洋ごみ問題への対応

三菱ケミカルは、プラスチック海洋ごみ問題への取り組みを積極的に推進しており、日本プラスチック工業連盟の「プラスチック海洋ごみ問題の解決に向けた宣言活動」にも参加しています。各事業所では、ペレットや樹脂の河川および海洋への流出防止の取り組みはもちろんのこと、近隣の河川や海の清掃活動を実施しています。

坂出事業所での海岸清掃活動
坂出事業所での海岸清掃活動
富山事業所での海岸清掃活動
富山事業所での海岸清掃活動

廃棄物削減・リサイクル

三菱ケミカルは、産業廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)活動を推進し、産業廃棄物の削減に取り組んでいます。その結果、最終埋立処分量は建設系廃棄物の増加などにより増加した年度もありましたが、リサイクルの推進により減少傾向に転じています。今後も産業廃棄物の分別管理徹底や処理先との連携強化によるリサイクル率向上に取り組んでいきます。

産業廃棄物排出量とリサイクル率
産業廃棄物排出量とリサイクル率
最終埋立処分量と最終埋立処分率
最終埋立処分量と最終埋立処分率

生物多様性の保全

三菱ケミカルは、三菱ケミカルホールディングスの「生物多様性保全の方針」に基づき、生物多様性の保全につながる地球環境への貢献活動を継続的に実施しています。この活動では、環境リスクおよび環境負荷の低減により事業活動に伴う生物多様性への影響を低減するとともに、近隣地域および海岸周辺の清掃、事業所の緑地保全による自然環境保護などにも取り組んでいます。

環境会計

三菱ケミカルは、環境省のガイドラインに基づき環境会計を集計し、環境負荷削減や環境保全の費用と効果を把握しています。
2017年度は、排水管理や大気汚染防止の強化などで投資額が27億円、公害防止に係る設備の維持管理や廃棄物の適正処分などで費用額は314億円となりました。また、有価物の売却益、省エネルギー、廃棄物処理費用の削減などで、利益額は26億円となっています。

環境・保安安全に関わる投資と費用

環境保全コスト
単位:百万円
分類 主な実施項目 2017年度
投資額 費用額








1. 公害防止コスト 大気汚染防止
粉じん対策強化、集じん設備更新
水質汚濁防止
活性汚泥統合、排水管理強化、排水設備および配管劣化対応 ほか
1,353 17,693
2. 地球環境保全コスト CO2削減対策、運転改善 ほか 952 1,231
3. 資源循環コスト 産業廃棄物削減、廃棄物適正処分、省資源、省エネ ほか 264 6,359
上・下流コスト 廃材回収、グリーン購入 ほか 0 0
管理活動における環境保全コスト 環境保全対策組織運用
ISO14001維持/更新
国家試験、環境教育 ほか
0 1,564
研究開発活動における環境保全コスト 生産効率向上などの研究開発 0 3,370
社会活動における環境保全コスト 工場緑地新設および維持管理 118 460
環境損傷に対応するコスト 汚染土壌の浄化 ほか 18 43
その他環境保全に関連するコスト 0 687
小計 2,706 31,406
経済効果
単位:百万円
  2017年度
(1)リサイクルにより得られた収入額 1,611
(2)省エネルギーによる費用削減額 323
(3)省資源で得られた収入額 693
小計 2,626