基本方針

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)グループは、経済社会のグローバル化が進みマーケットが拡大・複雑化するなかで、各事業会社がシナジーを発揮し、さらなる成長を図っていくために、これまで蓄積してきた特許やノウハウ、商標などの「知的資本」の価値を高めて戦略的に活用していくことが不可欠と考えています。
この考え方に基づき三菱ケミカルでは、各事業それぞれにどのような知的財産環境を実現すべきか、どのような技術と知的財産を生み出し活用するか、という観点に立った知的財産戦略を策定し遂行しています。そして知的財産戦略の実行に際しては、知的財産の法的保護と活用の強化に努め、有効な第三者の知的財産権はこれを尊重するとともに、当社の知的財産権を第三者が侵害している場合は適切な措置を取ることとしています。
また当社は、MCHCグループ全体の事業収益の拡大をめざして各事業会社の知的財産の連携促進にも努めています。つまり知的財産の相互利用により、MCHCグループの競争力強化や研究開発の生産性向上を図り、同時に第三者に対して各事業会社の知的財産を相互補完的に活用し、MCHCグループ一体で知的財産の価値の維持、権利の行使および防御を図っています。

知的財産教育

当社は、事業部門、研究部門および知的財産部門が一体となって知的財産戦略活動を展開することを目的として知的財産教育にも注力しています。事業部門、研究部門向けに、新入社員からリーダークラスまでの階層別研修プログラムを設け、法律知識にとどまらない実践的な知的財産教育を行っています。

知的財産部門の人材育成

当社は、知的財産の専門性を活かしながら事業部門や研究部門とともに事業収益に貢献する知的財産活動を推進できる人材を、知的財産部門のあるべき人材像と考え、育成しています。具体的には、実務遂行能力、企画・戦略能力、組織運営能力を備えた人材の育成をめざして、各プログラムに沿って能力強化を図っています。
また、海外派遣プログラムなどを活用して、グローバル人材の育成をめざしています。

研究者行動規範

当社は、研究開発の遂行全般について研究者が社会的模範となる行動をとるために、研究者行動規範ガイドラインを定めています。
研究者行動規範ガイドラインでは責任のある研究を遂行するために、研究開発におけるテーマの提案およびその遂行、データの管理、成果の発表、そして、研究者間のコミュニケーションやコンプライアンス上の問題が発生した場合の対処などについて定めています。
当社では、MCHCグループのコンプライアンスに関する基本規程である三菱ケミカルホールディングスグループ企業行動憲章などとともに研究者行動規範について、研究者が常日頃からこれらを踏まえた行動ができるよう、さまざまな機会を利用して繰り返し教育しています。
それにより、当社に所属する研究者は、高い倫理観をもって誠実かつ謙虚に研究開発を遂行し、自他の知的財産の尊重によって社会からの信頼・期待に誠実に応え、またMCHCグループ全体の成長・発展に向けて継続的に貢献していくことに努めています。