基本方針

知的財産の尊重

知的財産の時代といわれて久しいなか、近年では従来の特許や、ノウハウ、商標などだけではなく、データの価値も重要な知的財産として認識されてきています。三菱ケミカルは、これらの知的財産を重要な経営資産として位置づけ、これらを有効に活用することによって企業価値を高めるよう努めています。こうしたなか、三菱ケミカルは、この重要な経営資産を保護・活用するとともに、自らが保有する知的財産権を第三者が侵害している場合には適切な措置を取ることとしています。同時に第三者の有効な知的財産権を尊重し、権利を侵害することがないように監視体制を整えるとともに、十分な調査と対策を行っています。

知的財産戦略

三菱ケミカルは、各事業がどのような知的財産環境を実現すべきであるかという観点から、どのような知的財産を創出し、これをどのように活用するのかというストーリーを知的財産戦略として策定し、実行しています。
また、三菱ケミカルの事業がますますグローバル化していることに伴って、海外拠点をも含めたグローバル視点での知的財産の創出、活用にも取り組んでいます。
さらには、近年のデジタルトランスフォーメーションの動きのなか、デジタル技術を用いた業務の効率化・高度化に積極的に取り組んでいます。
知的財産戦略の一つとしての知財情報活用にとどまらず、これを事業・研究開発・経営に活かすための取り組みも積極的に進めています。

知的財産の連携

三菱ケミカルは、グループ全体の知的財産の連携促進に努めています。三菱ケミカルとそのグループ会社各社間での情報交換に加えて、知的財産の相互利用による事業や研究開発の加速を可能にしています。同時に第三者による知的財産の権利行使に対し、協働して防御を図っています。

以上の内容を基本方針として、三菱ケミカルは知的財産部門を中心に、事業部門、研究開発部門と連携して一体的な知的財産活動を進めています。

知的財産教育

三菱ケミカルは、経営資産である知的財産を実際に事業・経営に活かす人材の育成を目的として、事業部門・研究開発部門の知的財産教育にも注力しています。OJTによる教育に加え、新入社員からリーダークラスの各階層に対してさまざまな研修プログラムを設けています。研修で身に付けた知識・スキルを自らの業務に活かしてもらうことを重視し、法律知識にとどまらない実践的な知的財産教育を実施しています。

知的財産部門の人材育成・採用

三菱ケミカルは、事業部門や研究開発部門とともに事業に貢献する知的財産活動を推進できる人材、知的財産の視点から事業・経営に貢献できる人材を知的財産部門のあるべき人材像と考えています。実務遂行能力、企画・戦略能力、組織運営能力を兼ね備えた人材をめざして、育成に取り組んでいます。育成にあたっては、多様な経験が重要であり、海外研修や、社外の各種研修、さらに知的財産以外の業務経験等を通じて、知的財産に関する専門的スキルや、ビジネスパーソンとして必要なビジネススキルを身に付けます。
上記のような人材を育成するよう新卒者の知的財産部門への配属も継続的に実施しており、また多様な人材の確保のため、キャリア採用も積極的に行っています。これらの採用や育成などの活動を通じて、知的財産部門は、多様でユニークな人の集まり、所属する人がやりがいと誇りをもてる組織をめざしています。

研究者行動規範

三菱ケミカルは、研究開発の遂行全般について研究者が社会的模範となる行動を取るために、「研究者行動規範ガイドライン」を定めています。本ガイドラインでは研究者が責任のある研究を遂行するために、研究開発におけるテーマの提案およびその遂行、データの管理、成果の発表、そして、研究者間のコミュニケーションやコンプライアンス上の問題が発生した場合の対処などについて定めています。
当社では、三菱ケミカルグループ(MCG)のコンプライアンスに関する基本規程である「三菱ケミカルグループ企業行動憲章[別窓表示]」などとともに研究者行動規範について、研究者が常日頃からこれらを踏まえた行動ができるよう、さまざまな機会を利用して教育しています。それにより、当社に所属する研究者は、高い倫理観をもって誠実かつ謙虚に研究開発を遂行し、自他の知的財産の尊重によって社会からの信頼・期待に誠実に応え、三菱ケミカルとそのグループ会社およびMCGグループ全体の成長・発展に向けて継続的に貢献していくことに努めています。