KAITEKI経営を推進する三菱ケミカルホールディングスは、人と社会と地球の現在、そして未来のために、さまざまな環境・社会課題の解決や、その先にあるより良い未来の創造への貢献度合いを可視化したMOS(Management of Sustainability)指標を独自に創出し、経営基軸の一つである「サステナビリティの向上をめざす経営」の進捗評価に活用しています。新中期経営計画「APTSIS 25」の策定に伴って特定したマテリアリティの進捗を測る指標としてMOS指標を設定し、取り組みを着実に推進していくことで、「KAITEKI Vision 30」の達成をめざしています。事業会社である三菱ケミカルも新しいMOS指標に基づき、サステナビリティの向上をめざす経営の実践・評価を行っています。

事業ポートフォリオ戦略として重要な課題

マテリアリティ
GHG低減
持続可能な資源管理
持続可能な食糧・水供給
健康でいきいきとした暮らし
安全・安心で快適な暮らし
通信・デジタル処理技術の高度化

社会課題解決型事業の成長事業領域を中心とした事業ポートフォリオへの変革

MOS指標
成長事業領域(社会課題解決型事業)の売上収益割合

事業基盤として重要な課題

マテリアリティ
ビジネスモデル変革
プロダクトスチュワードシップ
DXの深化
働く環境の整備と健康経営
人材の育成・開発
ダイバーシティとインクルージョン
ステークホルダーとのエンゲージメント

基盤の強化や充実化による成長への寄与や加速

MOS指標
従業員エンゲージメント
経営層のダイバーシティ
ウェルネス意識
休業災害度数率
顧客満足度
ESG株式指数に関する評価

環境や社会への影響として重要な課題

マテリアリティ
環境インパクトの削減
サーキュラーエコノミー
ライフサイクルアセスメント(LCA)
コミュニティ貢献
生物多様性の保全

ネガティブインパクトの低減、環境や社会への貢献、インパクトの適切な評価

MOS指標
サーキュラーエコノミーおよび気候変動対策に貢献する製品1の売上収益割合
GHG排出量
COD排出量
LCA活動の進捗度
廃棄物最終処分量2
  • 1成長事業領域(社会課題解決型事業)のうち、「GHG低減」「炭素循環」事業領域。
  • 2自社の定常的な生産・物流活動において定常的に発生する産業廃棄物の埋立量。

存立に関わる重要課題

マテリアリティ
コンプライアンス
保安安全
ガバナンス

リスク管理上、重要な課題

マテリアリティ
情報セキュリティ・サイバーセキュリティ
持続可能なサプライチェーン
人権

存立を脅かす事案の回避、適切なリスク管理

MOS指標
重大コンプライアンス違反件数
事故件数 保安事故
環境事故
情報セキュリティ研修受講率