マテリアリティ・アセスメント

三菱ケミカルホールディングス(MCHC)は、KAITEKI価値をさらに高めるために、サステナビリティに関する国際的なガイドラインが示すプロセスを参照し、ステークホルダーの視点を取り入れながら、「KAITEKI実現に向けて、MCHCグループが取り組むべき重要課題(マテリアリティ)」の特定と、それらの優先順位付けを実施しています。2020年度に向けた中期経営計画「APTSIS 20」における、経営戦略、企業活動を踏まえ、マテリアリティ・アセスメントの見直しを行いました。三菱ケミカルはMCHCのマテリアリティ・アセスメント結果を共有し、活用しています。

マテリアリティ・マトリックス

マテリアリティ・マトリックス