目標 13

関連するSDGs
目標 13.気候変動の影響を軽減するために具体的対策の取り進め

サーキュラーエコノミーの推進により新たなビジネスソリューションを提供

世界は、気候変動や人口増大に伴う諸問題など、多くの解決すべき課題を抱えています。化学の技術はさまざまな社会課題を解決できる大きな可能性を有しており、当社は、社会の一員として、また総合化学メーカーとして、これらの課題に正面から向き合ってきました。
特に近年は、各国の環境規制強化などを受け、サステナブルな製品に対するお客様からのご要望が日に日に高まっています。三菱ケミカルは、従来の「採って、作って、使って、廃棄する」という一方通行のリニアエコノミーから、リサイクルを含む資源の有効活用や再生可能原料の使用などをはじめとするサーキュラーエコノミー(循環型経済、以下CE)への移行を推進することにより、社会からの要請に応えていきます。
具体的な対応として、サーキュラーエコノミー推進部(CE推進部)の設立や、廃プラスチック、気候変動問題への取り組みなどの事例をご紹介します。

リニア型経済からサーキュラー型経済へ

グローバルな視点でソリューションを提案

サステナビリティに関する社会課題への取り組みを強化するために、2020年4月にCE推進部を設立しました。これまでも各事業でサステナビリティに関わる課題解決に取り組んできましたが、CE推進部では、グローバルな視点・規模で、従来の事業部門の枠を超えて、CEに関連するソリューションの提案と事業化を推進し、お取引先、アカデミア、スタートアップ等との連携も積極的に進めていきます。
CE推進部の活動としては、三菱ケミカル全体のCEに関する課題把握と戦略の策定、ソリューションの事業化推進、温室効果ガス(GHG)や排水などの事業活動から生じる環境負荷の低減に向けたサステナビリティ・マネジメントなど、CEに関する全社的な取りまとめを行います。加えて、サステナビリティに関する各国の規制動向などの情報を収集・発信し、またお客様とのCEに関する対話を支援していきます。

提携を推進しプラスチックのリサイクル体制を構築

リニアエコノミーからCEへ転換するには、リサイクルの工程が極めて重要です。三菱ケミカルグループは、廃プラスチックの回収技術やネットワークに関するノウハウを有するリサイクル会社との提携を進めています。
プラスチックのリサイクルは、回収した廃プラスチックを、(1)融かして成形し直して再利用するマテリアル・リサイクルと、(2)分解してモノマー、あるいは油やガスに戻してから化学品の原料とするケミカル・リサイクルの2通りに大別されます。三菱ケミカルグループは、その両方に対応できるようさまざまなパートナーと技術開発を含めた提携を推進し、従来は単に焼却・埋め立てられてきた廃プラスチックを資源・原料としてリサイクルできる体制の構築を強化していきます。

リサイクル会社との提携例

提携先
(所在地)
提携の概要
リファインバース株式会社
(東京都)
リファインバースは建築系廃棄物処理の収集運搬業を主とした事業を起点に、廃棄物処理から樹脂製造までの一貫した体制を築き、さまざまな再生資源を提供しています。三菱ケミカルは、今回の資本業務提携により、同社がもつ産業廃棄物全般のノウハウと当社の技術および知見を融合させ、廃棄物の適切なリサイクルや有効利用を促進していきます。
CFK1とcNXT2
(ドイツ)
CFKは炭素繊維(CF)を使用したプリプレグなどの中間材を加工する際に発生する端材を、モビリティを中心とした顧客から回収するネットワークおよび回収した端材をリサイクルする技術を保有しており、cNXTは係るリサイクル製品を販売しています。三菱ケミカルは、グループ会社のMitsubishi Chemical Advanced Materials(以下MCAM、本社:スイス)を通して同社を買収しました。今後、欧州におけるCFおよびCFコンポジットの製造から製品回収、リサイクルまでのチェーンを確立していきます。
Mingerグループ3
(スイス)
Mingerグループは、PEEKやPVDF、ナイロンなどのエンジニアリングプラスチックについて、独自の優れたリサイクル技術と欧州域内に広域な原料回収ネットワークを保有しています。三菱ケミカルは、グループ会社のMCAMを通してMingerグループを買収しました。今後、エンジニアリングプラスチックの製造から販売・加工・回収・再利用に至る一貫したビジネスモデルを構築していきます。
  • 1CFK:CFK Valley Stade Recycling GmbH & Co. KG
  • 2cNXT:carboNXT GmbH
  • 3Mingerグループ:Minger Kunststofftechnik AGおよびMinger Plastic AG

人工光合成プロジェクトでGHG低減に貢献

GHGの低減に向けて、工場や発電所などから排出される二酸化炭素を化学品の原料として利用する人工光合成が注目されています。三菱ケミカルは、2012年よりNEDO4の人工光合成プロジェクトにARPChem5の一員として参画し、次の3段階のプロセスすべての開発に携わっています。
(1)光触媒によって、水を水素と酸素に分解し、(2)分離膜によって、水素と酸素の混合ガスから水素を安全に分離し、(3)最後に、その水素と工場排ガス等から回収した二酸化炭素を原料として、化学品を製造する基盤技術を開発しています。

chart

人工光合成プロジェクトでは、光触媒の太陽光エネルギー変換効率の最終目標10%に対し2019年度にはラボスケールで7%を達成しており、2020年度から水分解システムの屋外実証試験にも着手しています。

  • 4NEDO(New Energy and Industrial Technology Development Organization):国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構。
  • 5ARPChem(Japan Technological Research Association of Artificial Photosynthetic Chemical Process):人工光合成化学プロセス技術研究組合。参画機関は、国際石油開発帝石株式会社、TOTO株式会社、一般財団法人ファインセラミックスセンター、富士フイルム株式会社、三井化学株式会社、三菱ケミカル。

化学産業としての役割を果たすための長期ビジョンを策定

2050年の社会の姿を見据えて、化学産業がどのようにサステナビリティに取り組むべきか、長期ビジョン策定の一助とするため、三菱ケミカルは東京大学グローバル・コモンズ・センター(CGC)との産学連携を開始しました。

CGCは、人類の発展がよって立つ地球環境システムの持続可能性を確保するため、社会・経済システムの根本的転換の道筋をモデルやインデックスによって科学的に示し、企業をはじめさまざまなステークホルダーと協働しながら、その実現を国際的な連携により促進することを目標としています。
三菱ケミカルは、2050年とそこへ至るまでの2030年、2040年における社会ニーズ(特にモノ、サービス、社会システム)を明らかにし、その中で化学産業が果たす役割を描き出すべく、CGCと共同研究を行う予定です。