世界は今、気候変動や水不足、資源・エネルギー問題など地球規模の課題に直面しており、また、ICTやIoT、AIの驚異的な進化は、社会全体に大きな変化をもたらしています。このように私たちを取り巻く事業環境がめざましいスピードで大きく変わろうとしている今、その変化を的確に予測し、迅速に対応することがこれまで以上に求められています。

私たち三菱ケミカルグループは、変化の激しい時代だからこそ、徹底的に総合化学にこだわり、多様な製品と技術の組み合わせで社会に役立つ新たな価値を創造し、社会の変化とともに成長する会社であり続けます。そのためにも、高い倫理観をもって事業に取り組むことで、操業の安全・安定を確かなものとし、すべてのステークホルダーの皆さまから信頼される会社として、社会に貢献してまいります。いかなる時代であっても、安全とコンプライアンスの徹底が私たちの企業活動の基盤であることに変わりはありません。

また、真にグローバルな「THE KAITEKI COMPANY」に向け持続的な成長を遂げていくために、グローバルな人材育成とダイバーシティ推進のさらなる強化を図ります。私たちの最大の資産は人材です。国籍や人種、宗教、文化などあらゆる違いを受け入れ、互いに認め合い、すべての従業員がもてる力を最大限発揮できる環境・文化の醸成に注力します。さらに、一人ひとりが充実感と満足感をもって仕事を進められるよう、健康支援と働き方改革を両輪とする健康経営を経営戦略の最重要事項の一つとして取り組んでいきます。

私たちは「KAITEKI実現」というビジョンのもと、人・社会・地球が直面する諸課題をグループの総合力で解決することで、世界が持続的に発展することに貢献し、自らも持続的に成長していきます。

当社グループの価値創造のあり方をご理解いただき、引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
和賀 昌之