概要

鹿島事業所は、鹿島臨海工業地帯に位置します。

鹿島事業所
敷地面積 約160万m2
従業員数 約2000人(グループ会社含む)
概要 “ナフサ”とよばれる原料を出発点に、あらゆる産業と生活に密着した石油化学製品を生産しています。生産した製品は、お客様で加工され、私達の生活に身近な製品となっていきます。

主要製品

鹿島事業所では、あらゆる産業と生活に密着した石油化学製品を生産しています。

沿革

世界最大の掘込式人工港の周辺に位置する鹿島臨海工業地帯は、昭和30年代後半から開発が進められ、わが国における主要生産拠点として発展してきました。
2,400万m2もの広がりを持つ工業用地は、石油精製・石油化学・電力関連の「東部地区」、鉄鋼関連の「高松地区」、機械・飼料・化学関連の「西部地区」、化学・住宅関連の「波崎地区」の4つのブロックで形成されています。
また、周辺には、農業地域や住宅地、緑地、公園などが計画的に配置されており、これら豊かな自然環境と調和するこの工業地帯の様子は、自然と農業と工業のバランスの取れた開発の総合芸術といわれています。

昭和36年 茨城県「鹿島臨海工業地帯造成計画」作成
昭和38年 鹿島港起工式
昭和39年 三菱油化鹿島地区へ進出決定(東部地区)
昭和42年 鹿島臨海工業地帯造成事業決定
昭和43年 鹿島港計画変更(20万t)港湾審議会で決定
昭和44年 東部地区石油化学コンビナート合同起工式
昭和44年 鹿島港開港式
昭和46年 東部地区石油化学コンビナート合同竣工式
昭和46年 三菱油化鹿島事業所 営業運転開始
昭和49年 三菱化成鹿島地区へ進出決定(波崎地区)
昭和50年 波崎地区進出企業合同起工式
昭和53年 三菱化成鹿島工場 営業運転開始
昭和60年 大洗鹿島線開通
平成02年 三菱油化鹿島事業所第2期工事起工
平成06年 合併により三菱化学(株)鹿島事業所と改名
平成08年 東部地区・西部地区連絡配管トンネル開通
平成11年 医薬部門を分社化し東京田辺三菱製薬と合併、三菱東京製薬(株)発足
平成13年 三菱東京製薬(株)とウェルファイド(株)が合併、三菱ウェルファーマ(株)に社名変更
平成17年 持ち株会社、(株)三菱ケミカルホールディングス発足
平成26年 第1エチレンプラント停止
コンビナート建設の様子
防波堤の建設 / 中央航路の掘り込み
工場建設開始 / 工場操業開始
三菱油化鹿島工場 建設本部
鹿島地区 石油化学コンビナート合同起工式
鹿島地区 石油化学コンビナート合同竣工式
第2エチレンプラント 第2ベンゼンプラント合同火入式

RCレポート

RCレポートは、「CSRレポートバックナンバー」からご覧ください。