概要

国内最大級のエチレンプラントを核として

岡山事業所ではエチレンプラントのナフサ分解炉を出発点に、さまざまな石油化学製品が生まれます。日常生活に欠かせないプラスチック製品、素材の新しい可能性を拓く高機能化学製品、高度情報化社会を支える情報電子材料などの製品を日々生産しています。

岡山事業所 概要

操業開始 1964年7月
従業員数 約1,800名(グループ会社含む)
敷地面積 約180万m2

主要製品

石油化学分野

石油化学を源流に、多彩に広がる製品・技術・サービス

岡山事業所では、エチレン、プロピレン、C4留分、分解ガソリンといった基礎原料を基にさまざまな製品をつくっています。ポリエチレン、ポリプロピレン、アクリロニトリル、γ-ブチロラクトンなど、約30基ものプラントが有機的に連携しており、石油化学を源流に、多彩な製品・技術・サービスが広がっていきます。

製造プロセスフロー
製造プロセスフロー

樹脂加工分野

高付加価値化をめざし加工分野の技術開発を推進

石油化学製品の高付加価値をめざし、樹脂加工分野の技術開発・商品化を進めています。おむつ等に使われる透湿性フィルムや食品容器に使われる2軸延伸ポリスチレンシートの製造を行っています。

樹脂加工製品
樹脂加工製品

沿革

1964年 化成水島設立
第1期プラント運転開始
埋立前
埋立後
1972年 その後、
逐次第3期プラントまで運転開始
1973年 航空写真
1974年 三菱化成水島工場となる
その後、2度のオイルショックを経験
1989年 記憶材料部門 営業運転開始
光ディスク工場
1990年 光磁気ディスク 営業運転開始
1994年 三菱化学水島事業所となる
本事務所
2017年 三菱ケミカル 水島事業所となる
2019年 三菱ケミカル 岡山事業所と改名

RCレポート(社会貢献、環境、安全、健康への取り組み)

RCレポートは、「サステナビリティ・レポート ダウンロード」からご覧ください。