概要

福岡事業所は、九州の玄関口として栄えた北九州市で操業を開始しました。操業開始当時は、コークス、染料を始めとする少品種・多量生産型の「バルクケミカル」製品を主力とし、日本の高度経済成長を支えてきました。その後、社会の変化やニーズにあわせて事業を展開し、現在では多品種・少量生産型の「ファインケミカル」製品を主力とする事業所へと成長しました。

操業開始 1935年10月
従業員数 約2,000名(グループ会社含む)
敷地面積 約186万m2

福岡事業所紹介リーフレット[PDF]

主要製品

福岡事業所では、長い歴史の中で培ってきた多彩な知見と最先端技術をもとに、産業と生活を幅広く支える、様々な製品を製造しています。

沿革

1934年 日本タール工業(株)として発足
1935年 黒崎工場 操業開始
1936年 日本化成工業(株)と社名変更
1952年 三菱化成工業(株)と社名変更
1988年 三菱化成(株)と社名変更
1994年 三菱化学(株)と社名変更
(三菱化成(株)・三菱油化(株)が合併)
2017年 三菱ケミカル(株)と社名変更
(三菱化学(株)・三菱樹脂(株)・三菱レイヨン(株)が合併)
2019年 福岡事業所と事業所名称変更
吉富地区が福岡事業所の一部になる
2021年 会社再編により吉富地区廃止